大手塾・小規模塾

塾選びをする際には大手のほうがよいのか、中小規模の塾のほうがよいのかで迷う家庭が少なくありません。 両者のメリット・デメリットを比較して、どちらのほうが子どもに合っているのか検討しましょう。 まず、大手の塾のメリット・デメリットですが、志望校別のコースがあり、 過去問の研究などが行なわれているということで受験対策に強く、受験情報が充実しているところが多いです。 講師の指導力も全体的に高いというのも大手のよいところの一つといえるでしょう。

習熟度別にクラスが設けられており、子どものレベルに合った指導を受けることが可能な点、 通いやすいところにある場合が多い点も大手のメリットに含まれます。 デメリットとしては、難関校への合格実績を残すため、上位のクラスに指導力が高い講師が集中する傾向があること、 大量の課題を出す塾の割合が高く、子どもがこなしきれずにやめてしまうリスクがあることが主なデメリットとしてあげられます。 中小規模の塾は入試の受験対策というより、地元の学校の定期テストの対策に強い傾向があります。

クラスは少人数で編成されていることが多く、一人ひとりの生徒に対していねいなサポートを行なってくれるところが多いです。 デメリットとしては大手ほど有名校への合格実績がないところが多いことや、 進路指導の情報にとぼしいことなどがあげられるでしょう。



《関連情報》
塾の種類のサイトを作るうえで、参考になったので紹介します →→→ 塾講師のアルバイト情報