進学・総合・補習塾

子どもを塾に通わせようという場合に、成績をアップしたり志望校に合格したりといった具合に、 保護者としては達成したい目的があることでしょう。 なんとなくはわかっているという人も多いでしょうが、塾はどこに通っても同じわけではありません。 学習の目的に合ったタイプの塾というものがあります。 まず、クラブ活動や習い事に打ち込んでいるなどの理由で、 学校における学習不足が気になっているということはないでしょうか。

このような悩みを抱えている家庭に適しているのは、補習塾といって学校で行なわれている授業のフォローを中心に行なっているところがおすすめです。 このほか、志望校に合格するために塾に行きたいと思っている場合には、進学塾がよいでしょう。 このタイプに属している塾では一般入試の受験対策がメインとなっています。 また、学校のフォローと一般入試の受験対策の両方をしたいという家庭もあると思います。 このような場合には総合塾に行くことによって、希望が叶うことでしょう。

ほとんどの場合、上記の3タイプの塾のいずれかが通う目的として当てはまるのではないでしょうか。 まずは子どもの学習目的を明確にし、それに見合った塾のタイプを絞り込みましょう。 なお、塾といっても上記のようなタイプの違いがあるほか、大手の塾なのか規模が小さい塾なのか、 個別指導塾なのか集団指導塾なのかという違いもあります。 別のページで特徴を解説しますので、塾選びのヒントとしてお役立ていただければ幸いです。